複式簿記

順調に工事が進んでいたところでしたが、確定申告の時期が来てしまいました。

今年から、正確には去年から、うちでは複式簿記の帳簿が必要になりました。

確定申告自体は以前からやってたんですけど、青色申告の65万円の控除を受けるために必要になりました。

そう、一応起業したってことになりますかね。と言ってもしょぼい規模ですが。

ちなみに、オーディオとはなーんも関係ない業種です。もちろんお茶とも関係ない。

いや、関係を作ろうと思えばやれますけど、ビジネスとしての日本のオーディオ業界に魅力はないし、せいぜい実態皆無な店を開いたことにして自分のオーディオ買う時に経費で落とすくらい・・・・なんてことをしたら税務署がお伺いにいらっしゃいますよ。

ということでデータが出揃った2月頭から、複式簿記ってなんぞ?ってところから始めたのでした。

しかしまあ、比較的記帳が楽な業種ということもあって、20日ほどで帳簿組織を構成して損益計算書と貸借対照表を一致させるところまで漕ぎ着けました。

帳簿ソフトは使わず、WindowsのExcelに相当するMacのNumbersで帳簿をすべて自作しました。

けど、お金払ってやってもらいたいって気持ちは痛いほどわかりますね。

そんな規模じゃないからうちは人雇うなんて無理ですけど。

オーディオの方は現在工事を中断しておりますが、上の写真は元壁全面に防音シートを貼り付け後、内壁を順番に設置しているところのものです。

内壁の中央のボードは、手直しする前には空中設置でしたが、柱にキャスターを取り付けて床の上に置いています。

奥のボードとは角度が異なっていますが、これは参考にした設計図通りです。

© 玄茶屋 2016
inserted by FC2 system